商品カテゴリ

ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

 

  

定休日カレンダー

2019年1月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019年2月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

 

 

 

 

大阪は 江戸時代「天下の台所」と呼ばれたように、
古くから食文化が栄え、

その食文化を支える大阪独特の野菜が多数ありました。

大正、昭和初期まではお万歳として食べられていた、なにわの伝統野菜。

都市化と共に

その姿は見ることができなくなり、口にすることもなくなってしまいました。

ところがこの数年、伝統野菜が見直され、復活の兆しが見えます。

西成区に在る生根神社では「勝間南瓜」祭りも開かれ、都島区では毛馬きゅうりが、
東成区でも玉造黒門越瓜の復活を目指しています。
天満では

「天満宮前大根」が話題を呼びました。

このように大阪では町をあげてなにわ伝統野菜の復活に取り組んでいます。


こんぺいでは、なにわの伝統野菜を素材に、より美味しくお召し上がりいただけるようにと

日々、商品開発に力を注いでいます。

 

 

 

大阪しろな

江戸時代から栽培が始まり、大阪市の天満橋付近で栽培が盛んだったため、
「 天満菜(てんまな)」とも呼ばれています。


早生種、中生種、晩生種があるが、いずれも葉柄(ようへい)が鮮明な白色で平軸です。

 

 

 

 

 

天王寺蕪

大阪市天王寺付近が発祥で、葉の切れ込みが深い切葉と葉の切れ込みが浅く、
葉の形が丸い丸葉の2系統があります。

 

いずれも根は純白扁平で甘味が強く、肉質が緻密です。

 

蕪が地面から浮き上がったように成長することから「浮き蕪」とも呼ばれていました。
野沢菜の祖先という言い伝えがある他、与謝蕪村や正岡子規にも詠まれています。

毛馬胡瓜

大阪市都島区毛馬町が起源とされる黒いぼきゅうりです。


果実は長さが約30センチメートル 、太さ約3センチメートル で、
果実の先端部よりの

3 分の2 は淡緑白色からやや黄色気味となり、末端部には独特の苦みがあります。

果肉は歯切れよく、奈良漬けに重宝されていました。

 

 

 

 

勝間南瓜

大阪市西成区玉出町(旧勝間村)が発祥地。


1キログラム程度の小型で縦溝とコブのある粘質の日本かぼちゃです。
果皮は濃緑色だが、熟すと赤茶色になり甘みが増します。

田辺大根

大阪市東住吉区の田辺地区の特産であった白首(しろくび ) 大根。


根の形は白色の円筒形で

末端が少し膨大して丸みを帯び、葉には毛(もう)じと呼ばれるトゲがあります。
肉質は緻密、柔軟で甘味に富みます。

 

 

 

 

おすすめ商品

昆布屋さんの昆布だし

販売価格(税込)

432 円
 (本体価格:
400 円+税)

本格的な昆布だしがご家庭で味わえます。

このページのTOPへ